塾の講師は大変?

塾の講師になるという場合、ただ生徒を教える時間だけ拘束されるものと考えるとちょっと違うケースもあります。塾の講師って、案外授業前と授業後に、拘束時間があると考えた方が良いです。しかしそのようなことを明確にアルバイト情報に記載してあるケースはほとんどないでしょう。そのようなことは、塾の講師をやる場合、ほぼ当たり前の常識と考えた方が良いです。

個別授業の塾は授業前後に30分〜60分。集団授業では授業前後45分〜90分ほどは当たり前に拘束があります。プリント印刷やら、授業後のミーティングやら、本気で塾の講師を目指すのならやっぱりそれなり覚悟というものが必要なようです。完璧な塾の講師を目指していくというのなら、個別の塾でも、集団塾の講師でも予習に時間をかなりさく必要があります。さて、集団塾の講師と、個別の塾の講師ではどの程度時給は違っているのでしょうか。

おおざっぱな目安でしかありませんが、個別授業の場合1000円程度、そして、集団塾の講師の場合、1600円程度と考えてください。塾講師初心者はまず数学か英語をやるべきだと思うのです。意外と思うかもしれませんが、この二つは主要教科であるため、マニュアルがしっかりしていることが多く、自分でも勉強しやすいからです。